Loosening Atmosphere

なめくじの森で留学をするひとのぶろぐ

2年目おしまい

博士課程の2年目が終わりました.40%ですね.この前の記事で書いたとおり,最初の論文のdefenseをしたのが大きな出来事でしたが,その他にもはじめてTAを経験したというのもそれに並ぶくらい大きな経験だったと思います.

 

あと3年,まだ3年もあるというよりは,あと3年で博士論文のようなどーんとしたものが私に書けるんだろうかというのは未だに不安です.来年度の終わりにはステータス的にはABDにならないといけないんですが(ABDにならないとクオーターあたり50万くらいの留学生特別料金的な何かを払わないといけないんですよ),それが今一番の不安材料です.アドバイザの先生は HAHAHA!秋の終わりまでにペーパーを書いてしまえばそれでなんとかなるよ!!! ってかんじなんですが…

 

2年目となるともはや慣れるとか慣れないとかではなくてただ黙々と自分がやるべきことをやっていくとかいう感じだったかなあと思います.1年目はそれこそカルチャーショックだとか英語云々とか,そういう方に頭が行きがちだったんですけれど.英語はそれこそ1年の留学だとあんまりこう爆発的な改善?はないみたいなことが言われがちですが,2年だとどうなんでしょうね.自分では何かが改善された感じはそこまでないのですが,週1で色々おしゃべりをしている方からは自発的な会話も増えてきたし発音も意識的に気をつけられるようになってる,って言ってもらえたのでまあそう思うことにしようかなあと思います.個人的にはそれより書く方も伸ばしたいなあと思っているんですが,一番最近出したabstractの評価がとても良かったし,最初のドラフトを先生に見せた時に「…この1年で随分色々学んだんだね」ってしみじみ言ってもらえたので少しは研究者としても成長しているのかな,と思うことにしたいと思います.

 

とてもよい先生や他の周りの人に恵まれているのにまだまだすっごいへっぽこ感ですが,自分のペースでうまくやっていきたいとおもいます.あとは来年度から日本語の先生になるので,そちらのお仕事も色々勉強しながらうまくつとめていきたいところです.今それ関連で本も読んでいるのでそのことに書いても夏休み中に記事がかけたら…いい…です